めっちゃカワイイ!【双子の子育て】

【赤ちゃんがミルクを飲まない】ミルク完飲の秘策『7選』!

 

一日に何回も訪れるミルクの時間。

 

全然ミルクを飲んでくれないよ~!!(泣)

 

という悩みはありませんか?

 

 

実は、

なかなかミルクを飲まずに泣いていた

双子のお兄ちゃん(三男)は、

大動脈弁狭窄症(だいどうみゃくべんきょうさくしょう)

 

心臓から出た先にある大動脈が狭いという病気でした。

 

生後半年で病名がわかったのですが、

それが原因でミルクを飲まなかったようです。

 

泣きじゃくってホントにミルクを飲まなくて

最初は不安とイライラでいっぱいでした。

 

それでも、

 

どうしたらミルクを飲んでくれるのか・・

 

試行錯誤を繰り返し、

規定量の半分しか飲めなったミルクが

時間は少しかかりますが、

きちんと飲めるようになりました。

 

私は、4人の男の子を育てるパパで、

三男・四男が双子でした。

朝や夜など仕事で留守のとき以外は

赤ちゃんにミルクを飲ませてきました。

 

この記事では、

私が実際におこなった

赤ちゃんがミルクを飲まないときの対処方法を

お伝えします。

 

この記事を読むと、

赤ちゃんがミルクを飲まなくて困っている方の

対処に役立つ情報があるかもしれません。

 

前提条件

 

長男・次男・四男は、

毎度毎度スムーズにミルクを完飲していました。

 

三男だけが、病気が原因でうまくミルクを飲めなかったようです。

 

哺乳力が弱く、母乳では困難だったため、

搾乳機をつかってミルクをあげていました。

 

 

その後は粉ミルクを使っています。

 

この記事は、2021/6/20に書いています。

三男は、その病気に手術のため、

2021/7/2に入院・手術が決まっています。

 

手術前ですが、

現在は、規定量のミルクをスムーズに飲んでいます。

これまでにおこなってきた対処方法です。

参考になれば幸いです。

 

状況にあった哺乳瓶の乳首に変える

 

哺乳瓶の乳首は生後何か月かによって乳首が変わります。

 

 

 

 

ココがポイント

サイズが大きくなっていくごとに、

乳首の穴が大きくなり

ミルクの出てくる量が多くなります。

 

三男は哺乳する力が弱かったのですが、

それと同時にミルクを

『ごくり』と飲み込むことが苦手でした。

 

その日の体調によって大きく異なっていたのですが、

 

〇上手く「ごくり」と飲めるときは、

大きめのサイズ。

 

〇「ごくり」と飲めずに口からミルクが多く漏れる場合は

小さいサイズという感じで使い分けました。

 

サイズが小さいとミルクがでる量が少なく、

哺乳する力が弱いとすぐに疲れてしまう傾向でした。

ミルクを飲み切るのに時間がかかり大変ですが、

ある程度哺乳する力が強くなるまでは我慢かもしれません。

 

プラスチックとガラスの哺乳瓶を使い分ける

 

これに関しては、理由はわからないのですが、

哺乳瓶にはプラスチック製とガラス製があります。

 

 

 

うちの三男は、ガラス瓶のほうがスムーズにミルクを飲んでくれました。

プラスチック製はなぜか飲めませんでした。

生後半年ほどになった今はどちらでも飲めるのですが

それまではガラス瓶のものしかスムーズに飲まないので

ガラス瓶の哺乳瓶一択でした。

 

ミルクを飲む角度を変える

 

三男は、抱っこした状態でミルクを上げると

上手に飲むことができませんでした。

 

布団に寝かせた状態で、

左に顔を向けてミルクを上げると

スムーズに飲んでくれました。

 

これもはっきりとした理由がわからないのですが、

産まれて1ヵ月はNICU(新生児集中治療室)で入院していました。

そのときに、どのようにミルクをあげていたのか不明ですが

そのときの習慣が今にもつながっているのではないかと

考えています。

 

話はそれますが、

三男だけ、おしゃぶりがないと

よっぽどご機嫌なとき以外は泣いてしまいます。

NICUではずっとおしゃぶりをしていたと聞いています。

生後間もない習慣はその後に影響を与えるのかもしれません。

 

休憩時間をとってあげる

 

毎日のようにミルクをあげていると、

 

早く飲んでくれぇ~

 

と急かしてしまいがちです。

ですが、哺乳力の弱い赤ちゃんは体力がありません。

泣いているときに無理やり飲ませ続けるのは良くありません。

 

早く飲ませたい気持ちはわかりますが、

赤ちゃんのペースに合わせて、

『ゆっくりで大丈夫だよ』

と声をかけてあげられればBESTです。

 

時間に余裕がない場合は、

本当に苦しいと思います。

 

旦那さんや、おじいちゃん・おばあちゃんなど

協力者がいてくれると本当に助かりますよね。

 

1人で赤ちゃんを見なければならない場合は

家の家事の時間を削るしかありません。

 

家族のかたに話をして理解・協力してもらいましょう。

 

ご飯はお惣菜や配食でOKです。



 

細かくゲップを出す

 

ミルクを飲む際にどうしても空気を飲み込んでしまいます。

例えば、四男は一気にミルクを飲みほして、

飲んだ後にゲップをだしてスッキリします。

 

ただ、三男はおなかに空気が溜まるとミルクを飲めなくなります。

ちょっとミルクを上手く飲めないなと思ったら

こまめに抱っこしてゲップをだしてあげてください。

 

おなかを触って張りがあったり、

少し揺らしたときに、おなかがタプタプいうときは

ゲップをだしたほうがよいサインです。

 

冷めたミルクを温める

 

長男・次男・四男は、

ミルクの温度は気にせずにガブガブ飲んでいましたが、

三男はミルクがぬるくなるとスムーズに飲まなくなります。

お湯を沸かし、大きめのコップにお湯をいれ、

そこに冷めたミルクの入った哺乳瓶を入れて

ミルクを温めてあげると、またスムーズに飲みだします。

 

汗をかいていたら涼しくしてあげる

 

病気の原因もあるかと思いますが、

ミルクを飲んでいると頭にすごい汗をかいてきます。

 

そんなときは、ミルクの飲みが悪くなる傾向でした。

扇風機をまわしてあげたり、

布団や枕を氷で冷やして、

涼しい環境にしてあげるとスムーズに飲みだします。

私の家では極力エアコンは使わないようにしています。

汗をかいているようであれば涼しくなるようにしてあげてください。

 

まとめ

 

以上、私が実際にミルクを飲まないときに

おこなってきた対処方法をお伝えしました。

 

大動脈弁狭窄症(だいどうみゃくべんきょうさくしょう)

の場合、血圧があがるとミルクが飲みにくくなるのでは?

と、私なりに考えていますが、これについては全くわからないのですが、

 

抱っこをして、泣き止んで、精神的に落ち着いてから

ミルクをあげたりもしています。

 

参考までにこちらで書かせていただきました。

 

こちらも三男だけなんですが、

「うんち」をしたいときもミルクを飲みません。

おなかがスッキリしたらミルクを飲みだします。

 

赤ちゃんの子育ては本当に大変です。

少しでもお役にたてる情報があれば幸いです。

 

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

 

 

-めっちゃカワイイ!【双子の子育て】

© 2021 tomu Powered by AFFINGER5